高速無線LAN情報局

無線LAN超入門 (1) ~導入編

一般家庭でPCを複数台持つことが当たり前になったこの時代。家庭内ネットワークを築くのももはや常識となりつつあります。
ノートPCを持っている、或いはPCがADSLモデムや光ファイバのONUから遠く、有線LANで繋ぐ手だてがないという人は、迷わず無線LANを導入しましょう。
無線LANは文字通り、無線で接続するLAN(Local Area Network)です。有線LANケーブルを使わず、フレキシブルにネットワークを構築できます。

無線LAN機器を購入する

無線LAN機器は、大きく分けて次の2種類があります。

  1. アクセスポイント(親局)
  2. ステーション(子局)

アクセスポイントは、子局を収容する基地局となる無線LAN機器です。コードレス電話の親機のようなものです。ステーションは、親局に接続する無線LAN端末です。先の例えでいうと、コードレス電話の子機になります。
アクセスポイントの下にステーションが1台、あるいは複数台がぶら下がる形になります。

インフラストラクチャ

アクセスポイント

アクセスポイントには、ブリッジタイプとルータタイプがあります。ブリッジとは、無線LAN機器同士を単純に接続するもので、有線LANでいうHUBのような役割です。ルータとは、インターネットに複数台のPCが接続するLANを構築する際に必要な機器です。
ブリッジタイプのアクセスポイントは、基本的に1台のPCしかインターネットに接続できないと考えてください。同時に複数台のPCでインターネットに接続する場合は、ルータタイプのアクセスポイントが必要になります。
一般の家庭で使うには、ルータタイプを買えばまず問題ありません。ADSLモデムなどにルータ機能が備わっていても、どちらかのルータ機能をOFFにすればいいだけだからです。
今は1台しかPCがないという人も、とりあえずルータタイプを買えば、今はもちろん、将来的にPCを買い足すようなことがあっても問題ありません。

ステーション

ステーションの方ですが、ステーションには様々なタイプのものがあります。CardBusタイプ、USBタイプ、Ethernetメディアコンバータなどです。
CardBusはノートPCで使用しましょう。最近のノートPCならば殆どの機種にCardBusスロットが搭載されているはずです。
Ethernetメディアコンバータは、デスクトップPCで使用するのにお勧めです。他のステーションよりやや高価だったり、電源が必要だったりという欠点もありますが、文字通りEthernet(有線LAN)を無線LANに変換してくれる機器ですので、デスクトップPCに有線LANポートが備わっていれば(普通のPCならばあります)、デスクトップPCのOSに依存することなく使用できます。つまり、ドライバなどをインストールしなくても、機器の設定だけで使用できます。ドライバがないので、ドライバの作りの悪さやOSとのハード的な相性の悪さから動作が不安定になるということがありません。また、ドライバ不要ということは、有線LANさえ使えればOSを問わず、簡単に無線LAN化を実現することができます。LinuxやiTronなどのOSでも有線LANがあれば問題ありません。
USBタイプは最もお勧めできないタイプのステーションです。OSにドライバのインストールが必要であったり、変な位置に設置する必要があったり、内蔵アンテナがしょぼかったりするからです。
ステーションの長所、短所を種類ごとにまとめると、次のようになります。

種類長所短所
Ethernet
メディアコンバータ
ドライバ不要、OS不問 別途電源が必要
CardBus ノートPC用に最適
電源不要
要ドライバ、OS依存
ノートPCから出っ張る
USB 電源不要 要ドライバ、OS依存
飛びがイマイチ

また、最近のノートPCのハイエンドモデルの場合は、無線LANが内蔵されている場合があります。ノートPC内蔵の無線LANの殆どは、MiniPCIという基板型の無線LANカードがノートPC内にあり、液晶画面のフレームに埋め込まれたアンテナに接続されています。無線LAN内蔵のノートPCを持っている場合は、そのノートPCのためにステーションを用意する必要はありません。

ステーションを購入するのに問題になるのは、何を買えばいいのかということです。筆者のお勧めを使用するPC等の種類別に書くと、次のようになります。

使用機器条件お勧めステーション
デスクトップPC有線LAN使用可Ethernetメディアコンバータ
ノートPC無線LAN内蔵不要
内蔵無線LANなしCardBus
プレイステーション2Ethernetメディアコンバータ
PSP
Nintendo DS
無線LAN内蔵につき不要

要は、デスクトップPCはEthernetメディアコンバータで、無線LANが内蔵されていないノートPCはCardBusということです。
今時のデスクトップPCで、有線LANがないものはないでしょう。万が一、有線LANがオンボードでない機器でも、PCIスロットなどで増設すればいいのです。ですから、Ethernetメディアコンバータで問題ありません。どうしても、電源の取り回しなどが嫌なのであれば、USBタイプのステーションでもいいでしょう。
また、デスクトップPCでCardBusを使用することは、あまり考えない方がいいと思います。CardBusが使えるデスクトップPCはあまりないでしょうから、CardBusを使うとなると、PCIスロットにCardBusスロット増設カードを差さなければなりません。無駄にお金がかかるので無駄です。さらに、CardBusをデスクトップPCに差した場合、筐体の裏側に差すことになるのが殆どなので、アンテナが奥まった位置にあることになり、電波の飛びという面からも、あまりよくありません。

どこの製品を買えばいいのか

無線ルータ(もしくは単なるブリッジタイプのアクセスポイント)と必要なステーションの種類が分かれば、あとは買うだけですが、それが問題です。どこのメーカの製品を買うかが悩みどころでしょう。
無線LANの説明をしているサイトなどにあるお勧め製品は、殆どがアフィリエイトと呼ばれる広告になっているので、素直にそれがお勧めであると受け止めてはいけません。
ならばどこの製品がいいかですが、正直、どこの買ってもそれほど大差ありません。昔の無線LANは技術的な問題で、メーカごとに性能がバラバラでしたが、今は無線チップが1チップ化されたこともあり、大きなメーカであればさほど大差ない性能になっています。
筆者の個人的な考えとしては、BuffaloとかNEC(Aterm)などの有名メーカのを買えばいいと思います。BuffaloやNECは使用者が多いので、困ったことがあれば掲示板などで質問することも可能だからです。

メーカの製品ひとつひとつの使用感などは、価格.comなどの掲示板を参考にし、財布と相談しながら最終的に自分の判断で購入すればいいのではないでしょうか。

アクセスポイントのタイプ

とはいうものの、アクセスポイント(無線ルータ)だけは気を付ける必要があります。
アクセスポイントには、IEEE802.11a(5GHz帯)とIEEE802.11g(2.4GHz帯)を切り替えて使えるタイプと、両規格を同時に使えるタイプがあります。どちらか一方が使えればいいような気がする人もいるかと思いますが、そうではありません。無線LANは、5GHzと2.4GHzの帯域で、それぞれどちらも普通にやれば20Mbps程度の通信速度になります。
ここで、例えば、11gだけの無線ルータに2台のステーションが接続したとすると、それぞれのステーションは20Mbpsの速度を分け合うことになり、単純にいうと10Mbpsずつの通信速度になります。
しかし、2台のステーションを11aと11gで別々に接続すると、それぞれで20Mbpsの通信速度を期待できるのです。

帯域

ですので、ステーションが2台以上になる場合は、11a/g同時利用タイプのアクセスポイント(無線ルータ)を導入した方が、帯域を有意義に使え、かつ同時接続時の通信速度の低下も防ぐことができます。
ただし、IEEE802.11a (5GHz帯)の電波の飛びは、IEEE802.11gのそれと比べるとあまり期待できませんので、11aに期待して導入しても、結局電波が届かず、利用できないというリスクがあることも考慮しておく必要があります。

「無線LAN超入門 (2) ~設定編」に続く→ 続き

(2006.04.30)