高速無線LAN情報局

IEEE802.11aコンシューマ向け機は今買い時なのか?

2002年はIEEE802.11aの無線LANが登場し、11aの高速無線LANはかなり知られることとなりました。11bに比べると、まだまだユーザ数が少なく、足元にも及びませんが、11bより5倍は速い通信速度に魅力を感じている方が多いかと思います。
新しもの好きの方、高速な通信が必要な方は11aのコンシューマ機に目を向けて、機会があれば購入しようと思っている方が多いのではないでしょうか。その中で、今後出てくるといわれている11g規格や、いろいろな噂に惑わされて購入をためらっている方がほとんどだと思います。決断を促すため、私が独断と偏見で意見を述べてみることにします。

IEEE802.11gはどうか

11aより11bと互換性のある11gの方がいいから買わないという方、その考えはどうでしょうか。IEEE802.11gは、はっきりいって完全に出遅れました。ようやく規格が決定して、2003年前半にも初めて機器が出荷されるようですが、この遅れは致命的です。
11bとの互換性は確かにいいですが、今後11bは当然廃れていくものですから、あまり気にすることはないかと思います。
また、11gは54Mbps出るといわれていますが、11aに比べると、54Mbpsの速度でリンクされるまでの時間が長いといわれており、素晴らしい点ばかりではないようです。11gでは、11bと同じように無線でリンクをさせ、その後、OFDMを使って54Mbpsまで速度を高めるようです。リンク速度1Mbpsから始まり、徐々に54Mbpsまで高めていきます。これは、車のシフトチェンジと同じような感じで、トップギアまで順にシフトアップさせるので最高速まで時間がかかるというわけです。また、11bのCSMA/CA(Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance)というコリジョンの発生を抑制するというアクセス制御方法は、回線が使えるかどうか判断するキャリア確認に50u Secを要し、かなり遅いので、1Mbpsから11Mbpsにシフトアップするまでは特に時間がかかります。
11aでは、まず6Mbpsでリンクされ、54Mbpsまでシフトアップされるのですが、11bで50u Secかかるキャリア確認が34u Secで済み、シフトアップにかかる時間が比較的短いとされています。11gでもこの34u Secのキャリア確認が使われていますが、11bとの互換性を保つために11Mbpsになるまでは11bと同じ50u Secのキャリア確認が行われているので、遅いといわれています。ただ、11gは障害物に強い2.4GHz帯を利用するので、11aのように家で使うのがちょっと厳しいということはないでしょう。そこだけが強みです。
障害物には強いものの、54Mbpsでリンクするまでの時間が長く、しかも実効スループットが20Mbpsも出ないとかいわれる11gの存在を必要以上に考える必要はないと思います。2003年後半には、後述する11a/b/gの3規格対応のチップも登場することですし、高速無線LANを利用するために11gの登場を待つというのは、それほど賢明ではないでしょう。

先に結論

ずばり、筆者の答えからいいますと、「今は待て」です。まだ様子見が必要でしょう。別に11gとは関係ありません。もう少しすれば、今のよりもっと優れたチップが出てくるからです。

Atherosロードマップ

上の図を見てください。Atheros社のチップのロードマップです。Atheros社のチップは、現在ほとんど全ての11a製品に搭載されており、Atheros社のチップの動きを見れば、11aの動きが分かります。
現在、殆どの11a無線カードに使われているのがAR5000というチップセットです。このチップセットはAR5210というベースバンド+MACコントローラのチップと、AR5110というRoC(Radio on Chip)の2チップ構成になっています。
このチップセットの機能を簡単に説明すると、AR5110(RoC)でアンテナで受信した信号をAR5210(BB+MAC)に送り、そこでデジタル信号に変換するというものです。送信のときはその逆。
現在はこのチップセットが11aの大半を占めています。このチップセットはファースト・ジェネレーション(第一世代)と呼ばれています。

そして、次の世代、セカンド・ジェネレーションに登場するチップセットに注目です。おおよそ3種類で、AR5211+AR5111のAR5001A、AR5211+AR5111+AR2111のAR5001X、AR5311+AR5111のAR5001Xがあります。
注目すべきはAR5001Xチップセットです。このチップセットは2002年末から2003年初頭にかけて出荷されます。このチップセット搭載のカードは、11aと11bが使え、さらに11bをOFDMで拡張させ54Mbpsでリンクさせる11gのドラフト版が使えるのです。(この11bドラフト版は、上記のキャリア確認時間が50u Secかかる11bと同じもので11Mbpsから54Mbpsまでリンク速度を速めるので、11gよりだいぶ遅いはずです。)
さらに、AR5211の11g正式対応版がAR5212としてリリースされる予定です。
ねらい目は、ベストとしてはこのa/b/g対応のAR5001Xコンボチップが出たときでしょう。けれども、別にgにそれほどこだわる必要もないと思いますので、a/b版の初期型AR5001Xの製品が出たときでいいと思います。gがあるに超したことはないので、どうしてもgが欲しいという方は、もちろん出るまで待てばいいわけです。
また、「11bなんか持ってないから11aだけでいい」という方は、おそらく同時期に出る11aシングルのAR5001Aチップセット搭載のカードを買えばいいでしょう。AR5001Aではスループットが若干向上し、飛びがそこそこよくなっているようです。しかしながら、このチップセット搭載のカードを買うときの難点が、チップセットに何が載っているのかが分からなかったら買えないということです。そこらへん、よく買う前によく調べる必要があります。
ちなみに、図中にあるAR5311やAR5312というチップは、MIPS R4000のCPU付きチップです。これはアクセスポイント用に作られるものですが、個人的にはあまり出回らないと思います。参考まで。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

まぁ何にせよ、今は待って、セカンド・ジェネレーションのチップセットが出たら買う、これがお勧めです。恐らく失敗もないでしょう。

(2002.11.05)